>> 無料で恋愛漫画が読めるサイトまとめ

佐藤健主演映画「ひとよ」フル動画配信とDVDレンタル状況


2019年11月8日公開の日本映画。劇作家・桑原裕子が主宰する劇団KAKUTAの代表作を実写映画化。ある事件で生活が一変した家族が再会して、家族の再生を願う葛藤と戸惑いを描く。

『孤狼の血』の白石和彌がメガホンを取り、『凶悪』で白石監督と組んだ高橋泉が脚本を担当した。3兄妹には『るろうに剣心』の佐藤健、NHKの大河ドラマ「西郷どん」の鈴木亮平、『勝手にふるえてろ』の松岡茉優、母親役は『いつか読書する日』の田中裕子がふんするほか、佐々木蔵之介、音尾琢真、筒井真理子らが脇を固めた。

動画もDVDレンタルもお任せ!
\今すぐTSUTAYAで無料視聴/

※TSUTAYAの30日間無料お試しです!
お試しで解約すれば、料金は一切かかりません

スポンサーリンク

各VODサイトの配信状況とDVDレンタル情報

現在は、大手4社で配信中
DVDレンタルも可能なので併せてご紹介致します。

VOD 配信状況 無料期間
TSUTAYA TV >>
30日間
Paravi >>
14日間
FODプレミアム >>
14日間
U-NEXT >>
31日間
Hulu >>
×
14日間
DVDレンタル レンタル状況 無料期間
TSUTAYA DISCAS >>
30日間
DMM DVDレンタル >>
1ヶ月
ゲオ宅配レンタル >>
1ヶ月

映画「ひとよ」のあらすじ

子供たちの父親を殺害したのは母こはる。稲村家はタクシー会社を営んでいた。最愛の子どもたちのための犯行だった。15年後の再会を誓ってこはるは家を出る。母が家を去って運命を大きく狂わされた3人の兄妹。

東京でフリーライターとして働く次男・雄二、夫婦関係に思い悩む長男・大樹、美容師になる夢を諦めスナックで働く長女・園子、残された3人の兄妹は、事件のあの晩のできごとで受けた心の傷を隠しながら、人生を歩んでいた。そして15年後、母こはるは、3人のまえにあらわれた。15年前、母の決断と残された子どもたち。家族が描いた将来とは違ってしまった今、再会した家族の行く末は。

映画「ひとよ」の見どころ

佐藤健の無精ヒゲ姿…『ひとよ』本予告


見どころは豪華キャストによる迫真の演技。家庭に起こった過去の事件に苦しめられる子供たちを演じた佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優もさることながら、母親「こはる」を演じた田中裕子の演技は思わず心をつかまれる。ひとつひとつの言葉や表情が、本作の意味をより強く伝える。

劇団KAKUTAの同名舞台を『凪待ち』の白石和彌監督が映画化。主演は幅広い世代から人気の俳優、佐藤健。さらに鈴木亮平、 松岡茉優、佐々木蔵之介そして田中裕子と各世代を代表する俳優が集まった作品。あまりにも切ない家族の愛と絆が、観る人の心をとらえて離さない。

映画「ひとよ」の主なキャスト

【主演】稲村雄二役「佐藤健」

1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。近年の主な映画出演作品として、『るろうに剣心』『バクマン。』『世界から猫が消えたなら』『亜人』などがある。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』では、第41回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

そんな佐藤健さん演じる「稲村雄二」は、家族とは関わりを持たないようにしている稲村家の次男。東京で、さえないフリーライターとして生きている。。15年ぶりに会う母を受け入れることができないでいる。次男は都会に出て、ふるさとと距離をとってきた。その代わりに、都会ではあの事件のことを文章に書き起こすことで過去の事件を見つめ直している。

稲村大樹役「鈴木亮平」

1983年3月29日生まれ、兵庫県出身。2007年公開、映画・ドラマと活躍。近年の主な映画出演作品として、『HK/変態仮面』、『TOKYO TRIBE』、『俺物語!!』、『海賊とよばれた男』、『忍びの国』、『羊と鋼の森』などがある。

鈴木亮平の役どころは稲村家の長男であり、唯一、3兄妹のなかで結婚していて子供もいる。幼少期より吃音のため、人とコミュニケーションをとることが苦手である。自分にも父親と母親の血が流れていることで悩み、暴力性があるのではないかと不安になる。長男は妻に事実を隠している、父親の愛情を受けずに生きてきたため、自分自身が父親であることに不安をおぼえる。

稲村園子役「松岡茉優」

1995年2月16日生まれ、東京都出身。2008年本格的なデビューを果たし、『桐島、部活やめるってよ』で注目を集める。映画初主演作は『勝手にふるえてろ』。第30回東京国際映画祭東京ジェムストーン賞、第27回日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞、第42回日本アカデミー賞では優秀主演女優賞を受賞。

松岡茉優さんの役どころは稲村家の長女であり、末っ子。事件によって夢を諦めることを余議なくされ、スナックで働きことで生計を立てている。母に本心は甘えたくてたまらないので、母を肯定的にとらえようとしていて、母との再会を素直に喜んで、受け入れることができる。

映画「ひとよ」を実際に観た人たちの感想レビュー

・50代 女性
子供を守るために、暴力をふるう夫を殺してしまった母親・こはる(田中裕子)と、その母の罪によって命を守られたはずなのに、15年に渡って小さな町で”殺人者の子供”として虐げられ人生が歪んでしまった三人の子供たちの物語です。
離れていた母親に対する思慕と、背中合わせのように15年の間に積もっていったわだかまり、それでも次第に歩み寄っていく家族の、ささやかな過ぎる幸福を見つめた物語です。
こはるを演じた田中裕子さんの淡々とした表情と、その中に今なお鮮明にある子供たちへの愛情は、とても鮮烈に心に刻まれていきます。


・30代 男性
じぶんは現在でありますが33歳の男性会社員をおこなっております。じぶんでありますが去年にこちらの映画を拝見させていただきました。佐藤健はるろうに剣心のイメージしかありませんが、それ以外の映画を見たので、とても斬新でありました。映画の内容なども非常によかったです。


・30代 女性
「母ちゃんは間違っていない」と言い切る姿が清々しくて、こんな母ちゃんになれたら良いな(もちろん夫殺しはやらない)と感じた。重いテーマを扱っているが決して暗い映画ではなく、家族愛、自立することを考えるには良い作品。


・60代 男性
たったの一夜で、人生は激変し、家族全員が苦しみの旅をする。とっても、重くて辛いだろうと思って映画を観ました。私はセリフというより、本人の魂が叫んでいるような佐藤健さんの演技に泣けました。その他にもいっぱい泣ける場面がありました。それでも、人生は常に学びなんですね。乗り越えて進む家族たちの未来の明るさに心が癒され、母という存在の大きさに、今さながら尊敬の念しか思い浮かびません。


・60代 男性
15年ぶりに母と再会した稲村家の兄弟3人。母は昔、3人の子を思うばかりに暴力を振るう夫を殺してしまった。その後の人生は母のために変わってしまったと思う3人それぞれ。長い年月によって引き裂かれてしまった親子の感情が序序に戻っていく心温まる作品である。

映画「ひとよ」はこんな人におすすめの映画!

・家族関係で悩み苦しんでいる人向き

・何かのきっかけで、人生のレールから外れてしまった人向き

・自分が親になることに不安を抱えている人向き

動画もDVDレンタルもお任せ!
\今すぐTSUTAYAで無料視聴/

※TSUTAYAの30日間無料お試しです!
お試しで解約すれば、料金は一切かかりません

主演俳優佐藤健の他の作品もチェック

佐藤健の映画一覧!出演作品の動画が観れる配信サービスは?
佐藤健(さとうたける)さんが過去に出演していた映画がどのサイトで見ることができるかをまとめています。
タイトルとURLをコピーしました