>> 無料で恋愛漫画が読めるサイトまとめ

大泉洋主演映画「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」フル動画が見れるサイト


戦後の日本で、優柔不断な男がお金があることをいいことに愛人を何人も囲ってしまい、お金で雇った女性に協力してもらい嘘の夫婦になって、愛人たちと別れようとするコメディ

2020年2月14日に公開された日本映画。終戦から3年後、お金に困る人で溢れているなか、文芸誌編集長の田島周二には、女性たちが群がっていた。つい何人もの愛人を囲う羽目になってしまっていた田島は、ある日、疎開させていた妻子を呼び寄せるため愛人たちを整理することにした。それで、やり手のキヌ子にお金を払って、手伝ってもらうことにしたのだが…

主人公の田島役には、映画「アフタースクール」、「清州会議」でもその俳優としての実力をいかんなく発揮している大泉洋。キヌ子役は、ドラマ「山おんな壁おんな」、「恋する香港」などで印象に残る名演技で知られる小池栄子。監督は、「八日目の蝉」、「ふしぎな岬の物語」で著名な成島出。

動画もDVDレンタルもお任せ!
\今すぐTSUTAYAで無料視聴/

※TSUTAYAの30日間無料お試しです!
お試しで解約すれば、料金は一切かかりません

スポンサーリンク

各VODサイトの配信状況とDVDレンタル情報

現在は、TSUTAYA TVとU-NEXTで配信中
DVDレンタルも可能なので併せてご紹介致します。

VOD 配信状況 無料期間
TSUTAYA TV >>
30日間
Paravi >>
×
14日間
FODプレミアム >>
×
14日間
U-NEXT >>
31日間
Hulu >>
×
14日間
DVDレンタル レンタル状況 無料期間
TSUTAYA DISCAS >>
30日間
DMM DVDレンタル >>
1ヶ月
ゲオ宅配レンタル >>
1ヶ月

映画「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」のあらすじ

妻子を田舎に疎開させていることをいいことに、編集長で収入の良い田島は愛人を作りたい放題だった。田島が娘に会いたいがため、妻子を呼びよせることにしたが、愛人の存在がじゃまだった。仲の良い作家・漆山に相談すると、美人に奥さん役をやってもらって、愛人に別れてくれと言って回ればいいと教えられ、美人を探すことに。

旧知の仲の女性が毎日顔を真っ黒にして働いているのだが、たまたまその女性・キヌ子が顔を洗った姿を見てしまい、とんでもない美人だと、初めて知る。田島はキヌ子にお金を積んで、偽物の奥さんになってもらい、愛人をひとりひとり訪ねる。

そんな中、漆山が、田島の妻子のいる土地に取材で行くと言う。田島は娘へのプレゼントの人形を漆山に託します。2人目、3人目と、愛人に別れを告げる田島。そんな田島の元に妻から電報が届きます。「あなたのことは、愛相が尽きたので、離婚してください」娘のプレゼントを託された漆山は、長い間、田島に放っておかれ、毎夜寂しい思いばかりさせられている田島の妻に、田島が女遊びしまくっている話をしました。そして、うまいこと言って、田島の妻を寝取っていたのでした。

映画「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」の見どころ

2.14(金)公開『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』本予告


いつも汚れた顔で働いているキヌ子が、実はとんでもなく美人で、そんな男勝りで働きもののキヌ子と、優柔不断な田島がコンビを組んで偽夫婦になり、田島の愛人に別れてもらえるよう奔走する姿が見どころ。

戦後の日本の建物の内装や衣装などにも昭和を感じさせるこだわりも、見ものです。田島に連れられて愛人宅を訪れるキヌ子。愛人たちは、抑圧され男に頼って生きていこうとする古い部分を持った女性、それに対してキヌ子は、パワフルで自立した女。キヌ子を目の前にした愛人たちは、キヌ子に触発されて、田島に見切りをつけて、「グッドバイ」と田島に告げ、自立していく。

それと、最後、田島が死んだことになっていたが、キヌ子が田島への想いをあきらめて他の男と結婚式を挙げようとする寸前に、死んだはずの田島が現れて、田島とキヌ子が、謎のハッピーエンドを迎えるラストも見どころ。

映画「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」の主なキャストと役どころ

【主演】田島周二役「大泉洋」

1973年4月3日生まれ、北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」所属。映画「探偵はBARにいる」で第35回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。ほかに、映画「しあわせのパン」、「清州会議」、「アフタースクール」などにも出演し、独特の個性を発揮しています。

大泉洋さん演じる田島周二は、優柔不断で女好き。編集長という表の仕事以外でも闇で金儲けをしている。妻子を呼び寄せるため、愛人の整理をしようとする。そのため、キヌ子に自分の妻の役をやってもらい、愛人に別れてくれるよう説得して回る。そんななか、友人の作家・漆山にうまく騙されて、疎開先で妻を漆山に寝取られてしまい、おまけに、娘も漆山になついてしまう。妻に離婚されてしまった田島は、最終的にはキヌ子とくっついて、なんとなくハッピーエンドを迎える。

【ヒロイン】永井キヌ子役「小池栄子」

1980年11月20日生まれ、東京都出身。保育士志望だったが、イエローキャブの社長・野口義治にスカウトされ芸能界に入りました。ドラマ「山おんな壁おんな」、映画「八日目の蝉」、「空飛ぶタイヤ」などに出演し、本格的な演技が注目されています。

小池栄子さんが演じるのは、戦後の世の中で、普段は食料品や生活物資などを闇で売っている、生きる力に満ちたパワフルな女性・キヌ子。お金にがめつく、働き者で、いつも顔が汚れている。たまたま顔を洗ったところを田島に見られてしまい、ほんとうは絶世の美女であることがバレてしまう。そして、田島にたのまれて、偽の妻を演じて見せる。

大櫛加代役「水川あさみ」

1983年7月24日生まれ、大阪府出身。「家なき子」の安達祐実にあこがれて芸能界入りしました。2003年「渋谷怪談」で映画初主演。映画「後妻業の女」、ドラマ「のだめカンタービレ」などに出演しています。サバサバした明るいイメージで人気があり、しかも大人の色気が魅力的な女優です。

水川あさみさんが演じるのは、田島周二の愛人のひとり、大櫛加代。田島は頻繁に胃けいれんを起こす体質で、いつも女医である大櫛加代に診てもらっている。田島に対してそんなに愛情があるわけでもなく、田島に「グッドバイ」を言われる前に自分から「グッドバイ」と言い放った勝気な女性。

映画「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」を実際に観た人たちの感想レビュー

・30代 男性
この作品、どういう風に終わるの?って感じで、より興味深くなっていく展開に仕立て上げられてるのが凄かったです。
面白おかしく見ながらも最後にイイ感じで終わるのが素敵でした。
大泉さんはやはり面白い人だなと思いました。


・30代 女性
すごく面白かったです。
ただの軽いコメディじゃないのも良かったです。
大泉洋さんと小池栄子さんをはじめ、みんなのキャラクターが個性豊かで、面白くて、何度も爆笑しました。
特に濱田岳くんがいい味を出していて、最高でした。
辛いシーンもありますが、辛いこと楽しいこと両方あってこその喜劇だと思いました。
深い愛が伝わってきて、久々に泣きながら笑いました。
見終わった後に、じーんと胸が温かくなって、また観たいと思った映画でした。


・50代 男性
そこそこ笑えたし、まあ、こんなものかと言う感じです。小池栄子は役にはまっていました。迫力のある演技で良かったです。大泉洋も良かったのですが、舞台版での仲村トオルと小池栄子の方が良いかなと思います。男前の仲村トオルの方が役にはまっているのです。仲村トオルで作って貰いたかったです。話の展開も途中が少し削られて不自然に感じましたが、時間の問題で仕方なかったのでしょう。だから、まあ、こんなもんでしょう。


・20代 男性
主人公の田島と、女房のふりをするキヌ子のコンビがとてもマッチしており、とても面白い偽夫婦だと感じました。
やはり、主人公を演じているのが大泉洋さんだけあって、結構過激なアクションもありました。
特に、キヌ子に外から追い出されるシーンは、家の屋根が壊れるくらいだったので「体を張ってて凄いなぁ」と感心しました。

こんな人におすすめ!

・愛人の整理に、頭を抱えている男の人向き

・旦那さんが単身赴任で、寂しい夜を重ねている女の人向き

・いつもパワフルに仕事に燃えるキャリアウーマンと呼ばれる女の人向き

動画もDVDレンタルもお任せ!
\今すぐTSUTAYAで無料視聴/

※TSUTAYAの30日間無料お試しです!
お試しで解約すれば、料金は一切かかりません

タイトルとURLをコピーしました